妊娠線ができる場所

妊娠線ができる場所

shutterstock_148531118

妊娠中に気をつけたいのが妊娠線です。 妊娠線は、妊娠中期から出産間近にできるもので、1度できてしまうと消えにくいものなので、しっかりと予防しておきたいものです。

1、予防すると防げる妊娠線

shutterstock_85058152

クリームやオイルでケアすることで、防ぐことができるものなので、毎日お手入れしていくようにしましょう。
妊娠線ができる場所は、ひとによって様々ですが、最もポピュラーなのがお腹周りです。

2、どんな線ができるの?

shutterstock_143178847

腹に縦にひび割れのような線ができてしまうので、目立つことを気にしてしまう人も少なくありません。
その他にも、お尻や脚の付け根付近、膝の裏、太もも、胸の周りにもできてしまいます。
自分の目では見えにくいところにも注意してください。

shutterstock_219053308

妊娠中はお腹以外にも体全体が大きくなりやすい為、身体全体のケアを心がけたいですね。