妊娠線予防クリームとは

妊娠線予防とできてしまったケアの違い

shutterstock_131337272

妊娠線予防専用のクリームでなくても、妊娠線の予防は可能です。

その場合は保湿されていることでお肌の急激な伸びについていくことを目的とします。
ただ、保湿だけでは不十分な場合もあります。

1、妊娠線ができる部分はお肌のコラーゲン層の部分です。

shutterstock_206596342

表皮が急激な伸縮についていけても
真皮のコラーゲン層がついていけなかったら裂けて妊娠線になってしまいます。

真皮は伸縮しにくく、更に妊娠中はホルモンバランスの関係でお肌のコラーゲン生成力が落ちていて

とにかく妊娠線ができやすい時なのです。

2、どんなケアをすればいい?

shutterstock_133926944

肌をしっかりと保湿する用にデイリーでスキンケアに普通のボディークリームを取り入れてもいいのですが
真皮からコラーゲンケアをしていくことが大事です。

専用のクリームやオイルを使用してしっかりとした予防をおすすめします。

※私はここで妊娠線ができてしまい後悔してます。。余裕だと思ってたら…です…。。

かゆみや湿疹などの肌に悪影響が出ないような物を選んで使用しましょう。