産後にも注意

産後にも注意

shutterstock_206596342
妊娠中にできてしまった妊娠線、出産後に薄着をしたり水着を着たりするときに残っているのが気になってしまうものでもあります。
妊娠線ができてしまう前に予防クリームやオイルで自宅ケアしたり、専門のエステサロンでケアをすることが好ましいのですが、
だいたいの妊婦さんが妊娠線について知識が無かったり、いつの間にかできてしまっていたという方が圧倒的に多いようです。

1、できてしまったらどうする?

shutterstock_131337272
産後になってしまうとさらに妊娠線は消えにくくなってしまうという特性があります。
旦那様の理解を得てエステサロンに通うことが得策です。
サロンでは、妊婦さん専用のエステコースを用意しているので、もちろん気になる妊娠線のケアもお腹の中の赤ちゃんの成長に合わせたケアを提供しています。
できやすい場所というのがあるのでできてしまう前に入念にケアをしておけば発生を防ぐことができます。
ですが価格的に一回の戦術で何万円もするのは家計的にいたいところ…。
妊娠線専用の予防のクリームやオイルで自宅ケアできるのでまずはセルフケアを取り入れてみましょう。

2、妊娠中は妊娠線を作らないために体重管理

shutterstock_137225990

最近では昔ほど体重を増やす必要がないとしています。
むしろ体重が急激に増えてしまうと線ができやすくなってしまいます。
また、産婦人科でも体重の急増には注意して見ているようです。
余り体重が増えすぎることは好ましくなく、最近では月に2キロ以上体重が増えることは好ましいとされていません。
よって対策としては、体重コントロール並びにできればエステサロンに通って予め予防をすることが必要です。
もしできてしまった場合には、消すことが難しいので線自体を薄くしようと試みることが大切かもしれません。
妊娠線対策は、産後ではなく妊娠中の大切が重要なのです。